住宅ローン比較ナビ

住宅ローンで賢く家を買う

住宅ローン

家を買う、一生に一度の大きな買い物ですね
どんな間取りにしようか、壁紙は、キッチンは、と夢はふくらむばかりです。

ただし、その前には大きな壁が待ち構えています。
そう、お金の問題です。

数千万円を現金で支払う方はほとんどいないと思いますので、どうしても銀行の住宅ローンなどに頼ることになります。その住宅ローンには当然「金利」がかかります。 その金利も含めた総支払額はいくらになるのか、固定資産税や修繕管理費などの維持費、また入居に伴う経費もしっかり考えておかなくてなりません。 住宅ローンの金利比較について詳しいサイトも合わせてご覧ください。

当サイトでは、住宅ローンを初めて利用する方になるべく分かりやすく、賢い住宅ローンの使い方をガイドしていきます。

2つのタイプの住宅ローン

マイホームの購入を考えたときに、まず気になってくるのは、住宅ローンについてですよね。もちろん、自己資金で購入出来ればよいのですが、 多くの人は住宅ローンを利用することになります。

住宅ローンとは簡単に言うと、土地や住宅の取得や住宅の新・改築などのために必要な資金を、銀行や住宅金融会社から借りることです。 この場合、住宅が抵当物件と言って、借りた資金を返済できなかった場合の保証となります。

一般に住宅ローンには、「公的住宅融資」と「民間住宅融資」の二つのタイプがあります。

公的住宅融資とは

住宅ローン

公的住宅融資とは、公庫融資・年金融資・財形融資・自治体形融資のことで、これらの住宅ローンにはそれぞれに住宅などの条件や利用資格などの制限が設けられています。条件や資格は厳しめですが、その分金利は安いのが特徴です。

以前は住宅ローンといえば、「住宅金融公庫のみ」というイメージが強かったのですが、2007年の住宅金融公庫の廃止に伴い、年金住宅融資制度などの「公的融資」は縮小傾向にあります。

民間住宅融資とは

民間住宅融資とは、銀行や信金・信組・労金・JA・保険会社などが扱っている住宅ローンで、公的融資に比べ制限が少ないのが特徴です。制限が少ない分、金利は高めになっています。

また、フラット35のように住宅金融支援機構と民間が提携したものもあり、各取り扱い機関によって、様々な種類の商品があるので、金利や返済期間、商品内容をよく検討したうえで、自分にあったものを利用したいものです。

住宅ローン比較ランキング

ランキング1位
新生銀行
ポイント
・繰り上げ返済手数料無料
・保証料無料
・団信生命保険料無料
・事務取扱手数料一律50,000円
・住宅ローン店舗や土曜相談会などで気軽に相談することができる
公式サイト ローンシミュレーション
ランキング2位
住信SBIネット銀行
ポイント
・インターネット専業銀行
・繰り上げ返済手数料無料
  *固定金利期間中の全額返済の場合31,500円
・保証料無料
・団信生命保険料無料
・金利ミックスプランの提供
・口座開設と住宅ローンの審査依頼が同時にできネットで完結する
公式サイト ローンシミュレーション
ランキング3位
イオン銀行
ポイント






公式サイト ローンシミュレーション

ウェブページ

検索